本当は10年間で1億円使いました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本当は10年間で1億円使いました】

先日あるメッセージをいただきました。

(一部抜粋)

「私の父は10年間介護施設に

 お世話になっていました。

 10年間で約1千万円も施設に支払いました。

 その介護施設では父は寝かせきりにされ、

 何もしてもらえない10年間でした。

 それなのにその施設に1千万円も支払ったのは

 納得がいきません。」

とのことでした。

その方が入所していらっしゃった介護施設が具体的に

どこなのかはわかりません。

お父様が亡くなられたのは

数年前ということですが

その方は怒りの感情が押さえられず

私にその怒りをぶつけていらっしゃいました。

私は直接的にはその方とは面識はありませんし、

そのお父様のことも存じ上げません。

しかし、介護施設で働く看護師という

カテゴリーで分ければ同じだと考え

私にそのようなメッセージを送って来られてのだと

思います。

10年で1千万円は高額なのか?

10年で1千万円

と聞くとたしかにものすごい金額です。

しかし、

介護保険サービスを使う場合は

基本的には自己負担金1割なので、

実際はそのお父様に使われた金額は

単純計算で1億円です。

(基本的に1割負担というのは

 その方の収入によって変わります)

自己負担金が1千万円なだけです。

その方の経済状況なども

何もわからないのですが

介護はお金がかかります。

介護が必要な状態でなくても

生きていくにはお金がかかります。

それは、紛れもない事実です。

将来は自己負担金額が上がる可能性あり

その費用をお子さんが負担しなければ

ならなくなったのは

大変だったとは思いますが、

日本の国の経済状況を考えると

現在は1割負担が

将来は2割、3割負担となる可能性は

大いに高いです。

(完全に、西島の個人的見解)

具体的に考えてみると、、、

この方の場合は、

1割負担で、自己負担金額が1千万円

(月々8万円)

2割負担の場合は、自己負担金2千万円

(月々16万円)

3割負担の場合は、自己負担金3千万円

(月々24万円)

負担割合が違うと

こんなにも差がでるんですね(驚)

しかし、

介護施設に支払う費用が月8万円

というのは比較的低い方です。

グループホームなどは13万円くらいが

一般的ですから。

その費用を抑えるためには、

介護施設に入居せず、

在宅での介護の方が費用は安くなりますが、

それはそれで大変ですよね。

ですから、

今のうちにコツコツ準備しておく。

もちろん

介護が必要にならない方がよいのですから

介護が必要にならない身体作りを

今のうちからしておきましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする