失敗心を捨てて、挑戦した結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【失敗心を捨てて、挑戦した結果】

かなり前のことになりますが、
三重県で講演のお仕事がありました。

 
   

  
今回はいろいろ初めてを体験する

初めて300名の前での講演。

初めて保育士さんへの講演。

初めて終活以外の内容での講演。

初めて電車で名古屋まで行く。

初めてリアルでuber eatsを見る(笑)
 

 
 
いつもは、10名以下から多くても50名くらいの

方の前でお話させていただくことはありますが、
300名は初めての挑戦でした。

  
 
多いと逆に緊張しないもんですね。。。。

 
 
子供もいないし、保育士でもない私が
なぜ保育士さんの集まりで講演するのか?
という疑問もあり、
はじめはお断りしようと思っていました。
 

 
  
しかし、「命を守る」保育士さんへ
私なりの命の話ができるかも
 
ということで挑戦してみました。
 

 

人は環境に左右される

今回の講演内容は

「人生会議〜輝く命の使い方〜」

でした。

人は周りの環境に左右されます。

例えば、

あなたの周りにいる人で

一番時間を共にする人を5名挙げます。

その5名の収入を全て足して、5で割ると

あなたの収入とほぼ一致します。

これは収入だけではありません、

考え方や生き方も似てきます。

昔から、「類は友を呼ぶ」とも言いますしね^^

それは、大人に限ったことではありません。

子供は大人以上に環境の影響を受けます。

子供の周りの大人といえば、

「親」「祖父母」「保育園の先生」など

だから、

子供の周りにいる大人が

生き生きと、輝いていれば

自然と子供もその様に育つ

ということです。

実はこれまでは

 

 

 
実は、今までは
「上手く話さなければ」
という思いで話していました、
 
 
 
今回は、
「聞いてくださる保育士さんが
 一人でもなにか持ち帰ってくれて
 小さな行動ができれば」

 
 
と相手にフォーカスを当てて
お伝えさせて頂きました。
 
(↑これも新たな挑戦ですね!)
 

 
 
終了後、
「心にしみました」
「教えてもらったワークを早速やってみます」
などなど
嬉しいお言葉を頂きました。
 
 
  
逆に、
自分なりの課題も見えました。
 
 
 
実はいつもは失敗しないようにと
内心ビクビクしていますが、
失敗心を捨てて挑戦してよかったです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする