あなた、ひいおばあちゃんだったんですか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【あなた、ひいおばあちゃんだったんですか!?】

 私の実家は親戚が多い

 特に、父方の親戚が多い。

 親戚が多すぎて、

 誰がどんな関係の親戚なのか

 わからないくらい多い。

 例えば、

 ・よく祖父の家に遊びに来ていた

  優しくしてくれる近所の

  おばあちゃんだと思っていた人は

  実は私の曾祖母さん(ひいおばあさん)だったと

  曾祖母が亡くなった時に知った。

  (私が15歳の時に初めて知った)

 ・父の従兄弟が多すぎて全員の人数が

  把握できていない

 (名前と顔は大体一致するが。。。)

 ・親戚のおばちゃんだとはわかっていたが、

  その人が祖父の兄弟だと最近知った。

 ・改めて、祖父の兄弟を数えてみたら

  祖父は8人兄弟だったと今日知った。

 (分かる範囲なので、もっといるかも。。。)

 この写真は曾祖母さんのたぶん米寿(?)の

 お祝いの写真で、この人数だけでも

 半分ほどしかいない。

(この時の私はまだ、この人が

 曾祖母さんだとは知らない)

※ちなみに、私は前列で黄色と黒のカーディガンを着て

 後ろを向いている子供です^^

IMG_0276

 この写真に写っているのは

 ・曾祖母さん(私の左隣り)

 ・その子供たち

 (私にとったら祖父とその兄弟)

 ・さらにその子どもたち

 (私からしたら父とその従兄弟)

 ・そして、さらにその子供たち

  (私や私の又従兄弟)

 の一部。

(これで、一部!?って感じですよね^^;)

 こう考えると、

 私の曾祖母には

 15人以上の孫がいて、

 20人以上のひ孫がいることになる。

 (多すぎて、把握できず)

一人の命から受け継がれる命

 今の人と比べたら、

 ものすごい数だけど、

 命はそうやって受け継がれていくんだな

 と感じざるを得ない。

 もし、

 曾祖母がいなかったら、

 私も、父も、祖父も

 この世に存在しない。

 そう思うと

 なんだか変な感じだけど、

 曾祖母さんに感謝の気持ちが生まれるし

 曾祖母さんやその先のご先祖様のことも

 もっと知りたいと思う。

 今度、おばあちゃんに

 話を聞きに行こう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする