あなたは健康のためにお金を使うのか、それとも病気のためにお金を使うのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【あなたは健康のためにお金を使うのか

 それとも病気のためにお金を使うのか】

もし、現在手元に100万円

というお金があったとする。

あなたは次のどちらかのためにそのお金を

使わなければならないとしたら、

どちらを選びますか?

  • 健康のため
  • 病気のため

私は「健康のため」にお金を使いたい。 

もちろん、お金をかけずに健康でいることが

一番良いと思うがその意見は今回はなしとします。

健康のためにお金を使うとは

例えば、

運動をするためにジムに通う。

ランニングをするためにスニーカーを買う。

添加物の少ない食品を買う。

健康な食事のためのレシピ本を買う。

良く眠れるように身体に合った枕を買う。

など、

健康のためにできることはある。

病気のためにお金を使うとは

逆に、

病気のためにお金を使うとはどういうことだろう。

タバコにお金をつかう。

ジャンクフードばかり食べる

添加物がたくさん入っている食事ばかり食べる

入院費や薬代にお金をかける

など

健康はすべての元である

と私は思う。

健康がないと、

仕事のパフォーマンスも発揮できないし、

楽しいことも制限されることが多い。

入院にかかる費用を考えてみよう

入院費用や薬代も高額である。

現在、日本では基本的には

1割〜3割負担で医療を受けられる。 

それが当たり前で常識である

しかし、あなたが病気になる頃まで

それが続くとは限らない。

例えば、

あなたが65歳で脳梗塞になって30日間入院したら 

約120万円かかります。

本来であれば、

医療費は3割負担なので 

約35万円の支払いが必要ですが

さらに高額医療制度があるので、

実際は約9万円の支払いになります。

本来は120万円かかっているあなたの治療費を

111万円は日本の国が負担してくれています。

もし、医療費負担や高額医療制度がなくなったら

でも、将来

医療費自己負担が5割になって、

高額医療制度がなくなったら

あなたは病気になって、

その治療費に60万円を支払わなければ

なりません。

さらに、身体に麻痺が残ったら

その後もリハビリが必要になります。

(リハビリも無料ではありません)

すぐに働くことができない可能性があります。

あなたの人生はあなただけのものではない

「自分は好きなことをして、

 太く短い人生を送る」

と言ってタバコを吸いまくっている人がいる。

(もちろん、タバコだけを非難しているわけではありません)

もちろん、それはその人の自由だろう。

しかし、その人の家族はどのように

思っているのだろう。

もしかしたら、

もっと健康で長生きして、老後は夫婦で旅行を楽しみたいと

思ってはいないだろうか?

夫が早くに病気になって、

何十年もそのお世話をしたいと願う

妻はこの世にいるだろうか?

今の日本では簡単には死ねない。

寝たきりになり、

長い闘病生活を送っている人を

私はたくさん看てきた。

自分は良いかもしれないが、

それを側で長年お世話する家族の人生まで

考えているのだろうか?

と疑問に思うことがある。

今日の行動を一つだけ変えたら、未来は変わるかも

しかし、

今日一つでも健康のためにお金や時間を使えたら

もしかしたら、

病気で寝たきりの人生は変わるかもしれない。

もちろん、未来のことは誰にもわからない。

だから、健康のためにお金を使っても

将来は大きな病気になって寝たきりになるかもしれない。

しかし、病気になったときの後悔は

まだ少ないのではないだろうか?

あなた自身とあなたの家族の未来に投資をする

という意味でも

一つでもよいので

健康のために時間とお金を使ってほしいと

願います。

※富山は昨日あられが降りました。

 山を見ると、冬はもうそこまで来ていますね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする