終の棲家の選び方 元気なうちに高齢者住宅へ お金を掛けない編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【終の棲家の選び方 元気なうちに高齢者住宅へ お金を掛けない編】

前回の終の棲家の選び方の記事で

元気なうちに高齢者住宅へ住み替えたい

のDを選んだあなたへ

今回はあまり予算がかからない2つの施設をご紹介します。

1,ケアハウス

2,サービス付き高齢者住宅

この2つです。

では、ケアハウスから説明していきます。

ケアハウス

ケアハウスとは、

身寄りがない、または家庭環境などの理由で家族との同居が困難な高齢者が

比較的低い費用で利用できる施設です。

ケアハウスの2つの種類

ケアハウスには2種類あります。

介護型

自立型

自立型ケアハウス

独居での生活に対する不安のある方が入居される施設です。

介護サービスの提供はありません。

介護が必要になった場合は、外部のヘルパーのサービスを利用します。

要介護度が重くなったり、認知症になった場合は退去することになります。

介護型ケアハウス

65歳以上の要支援1以上の方が入居できます。

(介護認定を受けていない方は入れないということです)

24時間の介護を受けることができます。

こちらも、介護度が重度になると退去することになります。

ケアハウスでの生活は?

ケアハウスの生活は、

基本的には全て個室です。

夫婦お二人での入居の場合は

夫婦のための2人用の部屋もあります。

夫婦でケアハウスに入居を希望される場合は

夫婦で同じ部屋に入れるのは嬉しいですね^^

もちろん、夫婦でも別の部屋も選択できます。

浴室やトイレは共同の場合が多く、

浴室はと別に、大浴場が併設されているところもあります。

食事は提供されるので、買い物や男性一人での入居でも安心です。

もちろん、バリアフリーです。

車椅子の方でも対応できるところもあります。

食事の時間は決まっていますが、

その他の時間は自由に過ごす事ができます。

施設によっては、レクレーションの時間なども

設けられているところもあり、

日々を楽しく過ごせるような取り組みもされています。

ケアハウスはいくら位かかるの?

食事の提供がない場合→3~4万/月

食事の提供がある場合→6~17万/月

食事の提供の有無によって月にかかる費用が

大分変わって来ますね。

この月々に掛かる金額に含まれるのもは

家賃

管理費

光熱費

雑費(日用品などの雑費)

が含まれます。

また、初期費用として、10万~数十万円

掛かると見込んで置いたほうがよいでしょう。

初期費用は施設や地域によっても変わってきますので、

大きく幅があります。

サービス付き高齢者住宅とは

サービス付き高齢者住宅とは、

一般的な賃貸住宅よりも高齢者が

住みやすく、借りやすい賃貸住宅です。

サービス付き高齢者住宅のことを

「サ高住」(さこうじゅ)ということもあります。

サービス付き高齢者住宅のサービスとは?

サービス付き高齢者住宅のサービスとは

この2つのサービスのことを指します。

・安否確認サービス

・生活相談サービス

(健康のことなどの生活面に関する相談にのること)

2つのサービス以外の介護サービスはあるの?

施設によっては、

食事を提供しているところや

排泄や入浴のお手伝いをしてくれるところもあります。

または、

住宅とは別の介護サービスを手配しなければならない場合もあります。

ですので、

入居前の見学の際に、どこまでのサービスを受けられるのかは

しっかり確認してから入居を決めましょう。

サービス付き高齢者住宅の入居条件は?

60歳以上

自立している、

または、軽度の要介護者

認知症がなく、

身の回りのことは自分でできることが

条件である場合が多いです。

サービス付き高齢者住宅の費用は?

サービス付き住宅は、賃貸ですので、

一般的な賃貸契約と同じという考え方になります。

ですので、

初期費用=敷金

と考えておきましょう。

初期費用は

0円のところから、50万円以上

と大きく幅があります。

これは、地域や施設によっても違って来ますので、

入居時に必ず幾つかの施設を比較する際の

材料にしましょう。

また、月々掛かる費用ですが、

家賃、光熱費、共益費

サービス支援費(安否確認や生活相談サービス)

が基本的にかかります。

基本的に掛かる費用→12万~15万円/月

他には

雑費(レクレーション代や電話代)

食費→約万5万円(毎日の提供の場合)

おむつ代

など、使用した回数によって加算される料金も発生します。

ケアハウスとサービス付き住宅の違い

費用→ケアハウスの方が低費用の場合が多い

入居しやすさ→サービス付き高齢者住宅の方が数が多く

       入居しやすい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする