終の棲家の選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【終の棲家の選び方】

60歳を過ぎ、そろそろ老後のことを考えるにあたって

「今後の為に終の棲家を考えよう!」

と漠然と考えてもなかなか答えが出ずに困っている

というあなた

実はそのようにお困りの方は多いのです。

ちなみ終の棲家(ついのすみか)とは

最後に安住するところ

これから死ぬまで住むところ

出典:コトバンク

となっています。

ですので、

今回はまずあなたが終の棲家について

考えやすくなるためのヒントをお伝えしようと思います。

「今は自宅もあるし、住むところには困っていないし

大丈夫ですよ」

という声が聞こえてきそうですが、

今回は

ひとり暮らしの方からご家族に同居している方

まで幅広い方が、

今後の自分の棲家から

介護が必要になった際に

どうするのかを考えるきっかけになれば

よいと思っています。

今のあなたは健康で介護が必要ではないかもしれません。

しかし、いつどのタイミングで介護が必要になるかは

だれにもわかりません。

ですので、そうなった場合の備えとして

考えていただけるとよいでしょう。

それがこちらです。

終の棲家チャート

(ダウンロードして御覧ください)

このチャートに沿って考えていくと考えが

まとまりやすいです。

あなたが終の棲家について考える際の

参考にしてみて下さい。

チャート内のA、B、C、D、E

について次回から詳しく説明していきますね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする