終の棲家:介護が必要になったら施設に入所:費用掛けない編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【終の棲家:介護が必要になったら施設へ入所:費用掛けない編 】

前回の終の棲家の選び方チャート

Bを選ばれた方

元気なうちは自宅で過ごし、

介護が必要になったら施設へ入所したい・

あまり費用をかけたくない

とお考えのあなたへ

まずは知ろう!介護が必要な状態とは

まずは、介護が必要とはどのような状態なのでしょうか?

実際に介護の現場を見たことがない場合は

想像しにくいと思いますので、明日の記事で説明しますね。

こちらをクリックして下さい。

この記事を読んでみておわかり頂けたと思います。

一言で「介護が必要」といってもかなり幅がひろいのです。

ですので、どの状態になったら施設に入所したいと

思っているのかを明確にしましょう。

お金をあまり掛けずに介護が必要な状態になったら施設へと考えている場合の終の棲家の選び方

結論から言うと

お金をあまりかけない場合

ギリギリまで自宅で過ごすのがベストです。

というのも、

介護サービスはいくら介護保険を利用していても

お金がかかります。

例えば、

グループホームの場合

→郊外の場合の入居費用(自己負担金)

約10~15万円/月

→都心の場合の入居費用(自己負担金)

約15万~30万/月

グループホームとは、多少の認知症があり、

介護認定を受けている方が入れる施設です。

自分の事が自分でできる方が基本的に入居できます。

24時間介護士が常駐しており、

食事や排泄、入浴のお手伝いをしてくれます。

手助けがあれば、自分の事は自分でできる程度なので

家族と同居し協力を得られたり、他の在宅介護サービスを

利用すれば、必ずしも入居する必要はないのです。

また、グループホームなどは

ある程度自分のことができなくなったり、

認知症が悪化、

持病が悪化した場合は退所しなければなりません。

ですので、

通過の施設として考えても、

終の棲家にはなりません。

在宅介護サービスとは?

在宅介護サービスとは、

日帰りのデイサービス

1泊~使えるショートステイ

在宅入浴サービス

(自宅まで移動式お風呂を持ってきて、入浴のお手伝いもしてくれます)

訪問ヘルパー

などがあります。

これらのサービスを使いながら

自宅でギリギリ過ごすのがよいでしょう。

これらを聞くと不安に思われたかもしれません。

しかし、大丈夫です。

このようなサービスに詳しく、

あなたに合ったサービスを教えて、

手配してくれるのが、ケアマネージャーさんです。

ケアマネージャーさんは

あなたの予算や希望を知り、

あなたに合った施設やサービスを手配します。

元気なうちは自宅で過ごし、

介護が必要になったら介護施設へ入所し、

なるべく費用を掛けたくない場合

あなたが終の棲家として選ぶべき施設は?

あなたが、

元気なうちは自宅で過ごし、

介護が必要になったら介護施設に入りたい

とお考えであれば、

在宅サービスを利用しながら、

可能な限り自宅で過ごすのがよいでしょう。

そして、具体的な施設には

・特別養護老人ホーム

・療養型病院

・療養型老人保健施設

が挙げられます。

どの施設も、

介護認定が必要な場合が多いですが、

最期まで入所(入院)することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする