高齢の親が子供言うことを聞いてくれない3つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【高齢の親が子供言うことを聞いてくれない3つの理由】

「親が自分(子供)の言うことを聞いてくれなくて困ってる」 

親子という関係は複雑です。

特に、親が高齢になると、

これまでできていたことができなくなる

ということも、少なくはありません。

子供であるあなたは、

つい口を出したくなりますよね。

実際、

「親が子供である自分の言うことは聞いてくれない」

と悩まれる、お子さんたちは

結構多いです。

なぜ親は子供の言うことを聞いてくれないのか?

理由1

『そもそも親は子供の言うことを聞かない』

ということを知っておきましょう。

特に今の高齢者世代の方は、子供に指摘を受けるのは

我慢ならない人が多いです。

親子関係は鏡

理由2

『親子だと感情的になってしまう』

あなたは親にどのような声がけをしていますか?

例えば、

一度行って言うことを聞いてくれないので

ついイライラしてしまい、

怒鳴ってしまう。

など

親子なので、つい感情的にもの事を言っていませんか?

コミュニケーションは鏡と同じです。

あなたが、怒った言い方をすれば、

相手(親)はイライラするし、

あなたが優しい言い方をすれば、

素直に応えてくれることもあります。

もちろん、これは続けることが大事ですが、

親子といえども、一人の人間として接しましょう。

親の不安や悲しみを理解する

理由3

『高齢になるとできないことが増える』

それは親自身も自覚しています。

例えば、

耳が遠くなった。

物忘れが増えてきた。など

自分で自覚しているけど、どうしようもできないと

自分自身に腹立たしさや不安になったり、悲しくも感じてもいます。

そんなとき、子供であるあなたに正論を突きつけられたら

どのように感じるでしょう?

素直に、応えられなくなりますよね。

まずは、

親の気持ちを知る。

親の気持ちを理解しようとする

ところからはじめましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする