看護婦さん、あんたも一緒に行こうね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【看護婦さん、あんたも一緒に行こうね】

 
お正月休みに、姫路城に行ってきました。
 
  
今回、姫路城に行ってきた理由は2つ
 
 
1つは、
建築関係の仕事をしている夫が姫路城を
を見てみたいと以前から話していたから。
 
 
もう1つの理由は
私が働く介護施設で
数ヶ月前に亡くなられた利用者さんが
姫路城はすごく良かったと
話していらっしゃったからです。
 

img_4106.jpg

私に姫路城を教えてくれた人は、ガンで亡くなられました

 
その方は、
ガンで亡くなられました。
 
 
認知症もなく、病気が末期になるまで
自宅で普通に生活されていました。
 
  
 
その方が、
「去年、子供、孫、ひ孫と家族みんな 
 で姫路城に行ってきた。
  
 ほんとに良かったよ。
 今度看護婦さんも一緒に連れて行ってあげっちゃ。」


 (ちなみに、「あげっちゃ」は富山弁です^^)
 
  
と話して下さいました。
 

自分でもわかっていました 

私はその方は、
次に姫路城に行けることはない
とわかっていました。
 
 
その方自身も、
もう一度姫路城に行くことはできないと
わかっていました。
 
 
 
それでも、そう言ってくれる
その方の気持が嬉しくて、
その気持に応えてあげたくて、 
 
お正月に姫路城に行ってきました。
 
  
 

img_3990.jpg

興味がない私でも感動した


 
私は、正直さほどお城に興味はありません。
 
これまで、お城を見ても、
特に心に感じるものはありませんでした。
  

しかし、
姫路城はすごかった!

他と違う!!
というのはお城に興味がない私でもわかる。

私の場合は
亡くなられたその方を思い出しながら見たから
感動が大きかったのもあると思いますが、

img_4016.jpg

まだ見たことないあなたは
ぜひ行ってみて下さい^^

結構おすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする